一級建築士事務所プラスデザイン株式会社

NEWS最新情報 & ブログ

一級建築士製図試験 「既受験生」が今やっておくべきこととは01

建築士資格取得

二級の製図課題が発表されました。
二級の課題は「保育所」という事で、例年と異なり非住宅系且つ
非住宅系の木造という事で、驚いた方も少なからず居る内容です。
例年の住居系だと、2週間程度の講義と学習時間で十分合格するのですが、
今年はどうでしょうか・・・。

一級の製図課題は未だ発表されていませんが、
低層階のコミュニティ系が、そろそろ出題される事も予測しつつ・・・、
最近の2年は、基準階か低層階か試験当日まで判らないので、
時間を確保して、基準階と低層階を1課題ずつ解いておくのがお勧めです。
例えば下階がコミュニティやスポーツ施設等の用途、
基準階はホテルやオフィス等という課題もあり得ます。

昨年度の受験生は基準階を経験していますが、
基準階の計画から導き出す手法が無くなり、基準階はエスキスが得意だったという人も、
低層階になると上手く計画が纏まらない人が多くなります。
可能性はゼロでないですから、6月~7月に基準階を一課題だけ行っておくのも良いです。

一課題だけ行うのにお勧めする基準階課題は、
平成20年度に実施された
「ビジネスホテルとフィットネスクラブからなる複合施設」
です。
平成21年から試験の実施内容を変更され、この課題以降は、
あまり難易度が高すぎないように出題されていますが、
本試験に於いて、エスキスが時間内に収まらなかった場合の
作図への切り替え等のトレーニングにもなるので、御勧めしております。

これまで、当日の試験課題は受験対策では予測していない点をサプライズとして、
取り入れていましたが、近年の課題は、さほど驚きのサプライズは出ていません。
昨年度の集合住宅についても、個人指導の講座では、
1:屋内駐輪場、駐車場・低層階にカフェ等の異種用途が入る集合住宅は、実際の建築でも多く
  当然実施しました。
2:受験生にとって約400㎡の学習塾は悩まされましたが、学習塾ではなかったのですが、
  500㎡以上のコワーキングスペースを低層階に設ける課題も実施しました。
3:延べ床面積の範囲が容積率のみ、道路幅員が4mという課題等も実施しました。
課題を当てたという意味で無く、当たって当然のレベルしか出題されていないのです。
ちなみに、近年2級建築士製図試験の課題内容も出題ヒントと読み取っていますが、
昨年度は地盤の高低差「スロープ」が出題されるかと予測しましたが、
地盤改良範囲に高低差があると外しており、試験の内容を当てる能力はございません。

重要なのは課題の当たり外れで無く、「10回試験を受けて8回合格出来る」学習方法です。
一部ですが、毎年度受講生にお伝えしている課題発表までにやる事は
1:過去課題等の練習で、敷地図に人の流れ、歩車分離を書き込む。
※本当の人の流れを表すのが重要です。
2:同じく、1回目の読み取りの情報整理「留意事項=記述・補足用メモ」
※1回目の読み取りで留意事項などから計画のキーワード(手法)をメモし、
 記述に反映しているのに、プランに反映していないとならないようにすることが重要です。
3:一度間違えた事をメモ帳に整理しておく※試験一週間前の学習に使います。
※断面図の切断方向間違えた等、うっかりミスも本番では一発不合格になる可能性があります。
 試験勉強を今年で終わらせるためにも、必ず「自分の悪い癖」は洗い出しておきましょう。
4:バリアフリー、省エネ、防犯、構造等の課題文発表に記載されている用語だけ、
 記述例文を毎日音読する+略図が描けるように設備機器などはウエブサイトで調べて
 絵的に覚える。
※既に実施している方は、記述が非常によく出来ています。
 合格するポイントは「実務で知っていますよ」です。

来年度の講座開設準備と合わせて、条件付きの数名をモデル受講生として
課題&添削とオンライン講義で構成している今年度「水曜、土曜、日曜」の個人講座も追加応募しようと思います。
詳細は、改めて発表させて頂きます。